ナルト世界の謎に縺れる

アクセスカウンタ

zoom RSS NARUTO-其の五

<<   作成日時 : 2008/07/21 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 156

NARUTO-ナルト-』および『ナルト世界の謎を紐解く』の内容について
ご意見・ご感想等ございましたら、是非こちらにお寄せください。
心よりお待ちしております。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(156件)

内 容 ニックネーム/日時
掲示板 5本目ですね。
AGさんの記事、コメや皆さんのコメを楽しみにしています。これからもちょくちょく遊びに来させていただきますので よろしくお願いします。

暑くって 頭がぼーっとしている内に 一週間が過ぎてしまいました。 
 輪廻眼の記事 “映像を重なるように見る”私は6分割の映像を想像していたので ちょっとびっくり。うなづきながら 読んでしまいました。六つの映像をとらえる視点が動くわけですから 認識から対応へと 脳はフル回転ですね。意識は一つのようなので 長門(?)に変な所で関心しています。
 ところで 雨隠れから木ノ葉はどれくらいかかるのでしょうか?砂までが3日だからもう少しかかるかなぁ。特別な移動方法を使わなければ 解剖の結果が間に合うかどうかぐらいかしら。
さち
2008/07/27 21:45
さちさん。
>5本目
このように閑古鳥が鳴いてる場末ですが、
よく遊びにいらっしゃってくださって
ありがとうございます。
最近暑いですね〜。
暑いというよりも熱いです。

輪廻眼の映像解釈はいろいろあると思いますが毛針千本をかわしたことなどを考えると、画面から画面にうつるタイムロスが妙にひっかかってこんな風に見えているのではないかという妄想です。
雨隠れから木ノ葉までの距離は正確には分からないですが、地図を眺めるとだいたい同程度かもしれませんね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/07/28 22:24
AGさん 
タイムロスですか。目のつけどころがすごいです。

 仙術の話を読んでいて ちょっと 変な妄想が沸いてきました。
 ○ 十一巻で我愛羅「守鶴は砂隠れの老僧生霊」
 ○ 外のエネルギー「大地と大気に存在するエネルギーを取り込んで練る」
 ○ 370話で「人の邪気が溜り、淀んだ時に生まれる」、口寄せされた
 ○ 31巻の九尾化したナルトが回りから黒と白のモノを溜める描写
ここから 口寄せ動物に 「狐」があり そこにも仙術(似通った術)が存在していたとしたら。そこで仙術を自分のモノとした忍が 邪気が溜まっている自然エネルギーを大量に取り込み九尾と化した。守鶴も同様で老僧が「狸」の仙術に失敗して 守鶴が生まれた。
そして 柱間の力の秘密は 水か光にあるんじゃないかなぁ。(砂の風影が磁力を持っていたように)
思いつきで書いてしまいました。 
さち
2008/07/29 21:40
さちさん。
なるほど!
尾獣も自然エネルギーの産物というわけですね。すると、莫大なチャクラの塊というのもうなずけますし、守鶴の逸話もつながってきますね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/07/31 00:17
えっと..
始めまして!
周です!笑
いつも“ナルト世界の謎を紐解く”を見せてもらってます笑
管理人さんの推理力?にはいつも凄いと思わされています笑
じゃあ頑張って下さい笑




あと迷惑でなければまたコメントします←ぉぃ笑

2008/08/01 20:26
30日の 記事で「苦手な方は結論を」を読んで救われた思いがしました。

今日の記事 本当に読みにくいサインですよね。AGさんはこの口寄せの巻物が代々受け継がれていたものとお考えですか? 私は自来也が妙木山に迷い込んで 契約に至ったと思っていたんですけれど...。

もう一つ聞きたいのですが 霧隠れの里は、ナルトが受けた中忍試験に参加していなかったけれど(5巻の56ページ) 木ノ葉と同盟国なんですか?
さち
2008/08/01 21:50
周さん。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
>>迷惑でなければ
いえいえ滅相もない。
気が向いたらいつでも訪れてみてください。
ただ、申し訳ないのですが、
私は私用で明日から三週間ほど出かけます。
返信は当分の間できなくなってしまいますが、
よろしければ、何か思いあたる節を
書き込んでくださればと思います。

さちさん。
遠心力のお話ですが、
伝わりましたでしょうか?(汗)
この巻物は蝦蟇と人間との関係の一端で、
妙木山に受け継がれているものだと思います。
自来也は個人的に迷い込んだものだと思われますが、その前に契約者が訪れていたので、人間に対して寛容で、受け入れてくれたのでしょう。
水の国は戦争終結の際に、火の国とどういう取り決めがあったのでしょうか? 多分、そこでしょうね。

それと私事で申し訳ないですが三週間ほど返信できなくなります。
夏休みですっかり閑古ですが、よろしければ、何か思いあたる節について私ぬきで論議していただければと思います。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/08/01 23:33
さちさん
初めまして
周です!笑
これからよろしくお願いします!

AGさん
コメントありがとうございます笑3週間ですか・
行ってらっしゃーい笑

2008/08/02 10:56
 周さん 
はじめまして こちらこそ よろしくお願いします。

 AGさん
<遠心力のお話ですが、伝わりましたでしょうか?> う〜ん 分身に働く力は 数式を飛ばして説明だけ読んだので・・・(汗) 重要記事と共に 読み直してみます。お言葉に甘えて何か思いついたら 来ます。
さち
2008/08/03 21:56
お二方とも返事が大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。

周さん。
見送っていただいたのに、何も返事ができないままの状態となってしまって申し訳ありませんでした。またお暇なときは是非こちらに遊びにいらしていただければと思います。

さちさん。
私が3週空けていた間に、八尾とサスケとのバトルがずいぶん進んでしまいましたね。
さちさんは何かまとまりかけているでしょうか?
者の書の発売が近いですが、楽しみですね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/08/25 00:09
AGさん おかえりなさい。
 鷹と八尾 なんか すっきりしないんですよ。戦う理由があいまいだからかなぁ?。マダラは、小南に「オレが保証しよう」なんて いっていたけれど・・。ひょっとして 八尾が言う兄貴ってマダラの事?・・・・・う〜ん また来ます。

 “者の書”は買おうと思っています。(前の二冊は買っていないんです)カカシの話も楽しみ。わからない事もわかるようになるといいのだけれど。
さち
2008/08/27 21:22
さちさん。
兄貴、確かに気になりますね。
確かにマダラ(水影)の線も濃いですが
火影、風影、水影ときて、
この兄貴は雷影だったりすると面白いですね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/08/29 01:20
そうですね 雷影というのも有りですね。雲隠れとは日向の事件の前に同盟条約を結んでいたのに ナルトの参加した中忍試験には参加していませんし、雲隠れもよくわからない里ですね。みえない里といえば 岩隠れも。これから まだ登場してこない土影も出てくるのでしょうか?

 記事のサイの話 「慇懃無礼」おもしろかったです。サイはダンゾウに事あるごとに報告をしているのでしょうか。サイ自身が見出したい事とダンゾウとの関係に位置する事が矛盾するような気がするのですけれど・・。(ちょっとズレますが アニメでみるサイは本当におもしろいです)
さち
2008/08/30 00:01
土影は今まで話題に上ったことがほとんどなく、
『この国にはこんな五影がいる』
といった場面でしか名前を上げられていませんね。あの神無毘橋のカカシの話でも登場しません。何かこれから大きく関わってくるのでしょうか?
一方で雷影がかんできましたね。八尾戦後の話も大きくなっていきそうですね。
サイはダンゾウのもとでは働きづらくなりますね。それこそ手足として動く存在でなければならないのに、“自分”という意識を見出しかけていますから。
アニメのサイですか――、今度時間がとれたら見てみたいものです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/01 01:17
久しぶりです。かなり、久々に来ました。

鷹vs八尾戦を俺は、鷹が「ちょっと苦戦して勝つ」と予想していたんですが、予想に反して、かなりの大苦戦ですね。

今週の天照って、サスケは元から覚えてたんでしょうか?あの回想からして、今偶然使えたようにも思えるんですが。
もし、これで使えるようになってたという事になったら、天照の発生条件は「仲間」が関係することに、なりますが。

それから何故、八尾は写輪眼を知っているのでしょうか?見た事があるのでしょうかね?
うちは
2008/09/01 20:37
うちはさん 久しぶり。元気でしたか?
天照の発生条件が「仲間」だとしたら イタチの場合は?自来也から逃れるために使ったのが私たちが見た最初だったけれど・・その前に何かあったってこと かなぁ?

AGさん
 雷影が登場しそうですね。読みがあたりましたね。
 鷹のメンバーは行動を共にしていても 考えている事はバラバラでした。それが 今週一つになった。その軸になったモノが七班の時に感じていたモノ。カカシの「その力何のためにつかうのか?」の答えをサスケは自分のものにしたといことですね。なんか ほっとした気分です。
さち
2008/09/03 20:47
うちはさん。
鷹が余裕勝ちでは面白くはありませんが、ここまで八尾に手こずるとは私も思いませんでした。
天照は…前に一回トビの眼を見て、イタチの仕掛けで天照が発動された場面がありましたが、あのときに感覚を掴んでいたのかもしれません。――ということは月読も使えて、さらに月読、天照の両方が使えることでスサノオも…。
写輪眼を知っているという点は私も何か因縁を持っているのかな?と思っています。
さて九尾を操れるなら八尾も…
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/03 23:24
さちさん。
雷影…どんな人物でしょうか。
サスケは七班と行く道は違えど、根底にある信念は「仲間」なのかもしれませんね。
鷹はどうなっていくのでしょうか?
このままチームとしてサスケを支えていき、
サスケがそれに答えるのか…
とりあえず暁の思想には染まらなさそうです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/03 23:32
お久しぶりです。

久々に考察楽しませてもらいました。今いくつか気になっている事があるのですが、
AGさんがおっしゃられるように写輪眼は八尾(尾獣)を操ることができるんでしょうか。私も九尾だけが特別ということは、無いように思います。
もしそうであれば、写輪眼の能力は、尾獣(マンダのような口寄せできる生き物も含む)も操れると思います。
さらに、チャクラを練る構造が基本的に同じなら、忍に対しても可能なのではないでしょうか? そのように考えると、写輪眼と輪廻眼の共通性みたいなものを感じます。同一人物に二つの血系限界はないと思いますが…

今回の戦いで、さらに写輪眼の力が明かされそうです。
タカーゼ
2008/09/04 01:39
タカーゼさん。
おっしゃる通りマンダを操っていたので、八尾も操れる可能性が高いですね。それに、トビは八尾をやるといっていましたが、それは人柱力になるということではなく、口寄せ後写輪眼で操るということかもしれませんね。ちょうど、マダラが九尾を操ったように。
なるほど。忍、それ自体を操るということもできそうですね。いのの術でさえ可能なのですから、写輪眼の力を使えばもっと強力な効果が得られるかもしれません。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/07 00:55
カカシはマダラに殺され、シスイがマダラの謎を知っている
サスケの目を奪い、弟を甦らせる
我神眼
2008/09/07 01:35
結局天照は、元から覚えてたかは分かりませんね。管理人さんの言うとおり、マダラにやった時にコツを掴んだから、覚えたのかもしれませんね。
そして、最後に出た本についてですが、可能性は低いですが、あっちが自来也の暗号の答えに関係すると思うんですよね。あれじゃ、「正体」は分かりませんからね。
うちは
2008/09/08 20:16
覚えていますか?
周です

AGさん

お帰りなさい

ていうか気になるんですけど、NARUTO43巻の180ページ?に、マダラと柱間と九尾が描かれているんですけど、何ででしょうか?マダラは九尾を口寄せしてないと言っているんですが.....

2008/09/08 22:00
マダラとペインの謎が明かされつつあるようですね。
私は、ペインの正体は全て一度死んでいる忍びではないかと考えています。理由は二つで、1つ目は弥彦達が死んだという噂があること。2つ目は(口寄せ)ペインの額傷が、私には致命傷にみえることです。
他の忍びについても何らかの形で自来也は知っていたからこそ、本物=輪廻眼の主がいないと判断したのではないでしょうか?
皆さん既にお考え済みだと思いますが、ペインに刺さっている棒がアンテナのような働きをしているのでは。
いのとの違いは、対象者に意識がないので、コンビネーションに支障がないのではないでしょうか。
長文すいません。
タカーゼ
2008/09/09 00:05
我神眼さん。
はじめまして。
カカシがマダラにやられてしまうというのは、あの写輪眼の対峙からも印象的ですね。
なるほど。シスイがマダラの謎を知っているというのは大いにありえると思います。“道”、いったいなんだったのでしょうか?

うちはさん。
自来也の暗号の答えになっている――
とするとタが9という解釈しなおしが自然になりますね。あるいはド根性忍伝に“タ”のキーワードを含む何かがこめられているということでしょうか。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/09 00:13
周さん。
おそらく十六年前の九尾事件と、柱間との対決を混同なされているかもしれません。十六年前の九尾事件に際しては九尾との関与を否定していますが――、それ以前は九尾を従えていたということでしょうか。

タカーゼさん。
六道ペインが蘇ったかのように見えたあのシーンも、もともと死んでいたと考えれば多少合理的(?)ですよね。そしてあの黒い棒がアンテナの役割をしているというのも、自来也に刺さった瞬間の何者かの強烈な気配を考えると、納得です。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/09 00:20
AGさん

あっ、確かにありえますね。
有難うございました。

2008/09/09 11:30
「者の書」買いました。まだ読みきっていないのですが 面白いです。(フカサクの連れ合いはサナエではなくシマでした)鷹のメンバーのプロフィールを読んで今回の戦いを読むと また違った想いが湧き出てきます。
 今週の「天照の黒炎を消す」ってどういうことなのでしょうか?黒炎だけの事なのでしょうか? サスケが「この万華鏡の瞳力なのか」と言っているのでサスケ独自の瞳力だと思うのですが・・。 凄い術というのは、相手に対しては最強でも 自分に跳ね返ってくるんですね。
 ところで 水月や香燐はどうなるのでしょう?誰かの力をかりないと完治できないのでは?(サクラ登場しないかなぁ)
さち
2008/09/09 22:58
 おひさしぶりです、伯天です。「者の書」を読みましたが、やはりクシナの生存は明言されていませんでした。『なぜ。九尾の陽のチャクラがナルトに封印されたのか』を知るであろう重要人物であるのに、ミナトのように回想シーンのみにしか登場していません。ダンゾウやご意見番の二人は、木の葉安定のために、ナルトにたいしてのいざという時のためにどこかに幽閉している可能性が高いのではないかと思いました。そこで質問なのですが、今までにナルトの部屋の描写の中で、家族や両親などの写真立てなどは存在していたでしょうか? 
伯天
2008/09/10 01:50
周さん。
マダラがはっきりしないのがダメだと思います(笑)

さちさん。
者の書…近くの書店になくて
実はまだ手に入っていないんです。
なので記事も書き進まずといいますか…
サスケがカカシの万華鏡の術を見ていないので何ともいえませんが、天照の黒炎を消したのは
カカシと似た技かなと思いました。
水月や香燐はどうなるんでしょうね??
サクラの登場、治療で歩み寄りということは…ないですよね。

伯天さん。
お久しぶりです。とりあえず私は早いところ者の書を手に入れないとだめですね! クシナの生存が明かされていないのは気になるところです。それを伏せておくということは、何らかの形での再登場を期待してしまいますよね。以前暁の女性がナルトの母親だという話題も出ましたね。どんな登場をするのか、味方なのか敵なのか、とても気になるところです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/11 23:52
AGさん
 周さんへの返信に一票。ツボにはまった。

 「者の書」によるとカカシの万華鏡の術の名は「神威」だそうですよ。早く「者の書」をもとにした記事を拝見したいものです。

 やっぱり サクラは登場しないですよね。とにかく 鷹は休憩タイムですね。そろそろ ペイン一行が木ノ葉に着く頃では。あっ その前に 雷影登場かなぁ。ナルトの修行も順調で。 あのド根性忍伝から何を見出すのでしょう?ペインになる前の忍の事が書かれているのか、うちはの言うように暗号か、ナルトの両親の事とか? 明日のジャンプが楽しみです。
さち
2008/09/12 21:41
雷影登場! さちさんの予想が的中しましたね。
ド根性忍伝…主人公が明かした名前は――ナルトですよね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/13 19:14
うちはさん
 ごめんなさい。12日のコメで呼び捨てにしてしまいました。

AGさん
 雷影はごっつい人のようです。八尾とは本当の兄弟のようですね。こういう感じの人ははじめてかなぁ。
 サスケの発言。サスケの本心でしょうか?あれは八尾に会う前の話ですよね。あの後戦いで七班を思い出しているので....。密かに 期待をしております。
次の「諦めない想い」の記事 楽しみにしています。
さち
2008/09/13 19:59
ちょっと 記事の事 誤解をしていたようです。14日分だけを読んでいて 13日分を飛ばしてしまいました。すみません。
 この話を読んでいると 砂のチヨばぁの最後の言葉が思い浮かんできます。
ナルトは理解しあえる時代に向かって両親や自来也の思いを受け継いだんですね。以前からナルトは九尾を封印された事をどう考えているのか、封印された事に対して反感や憎しみをもっていないのかが不思議で。ここが はっきりすると サスケとの対比がわかりやすくなるのですが...。
さち
2008/09/13 21:11
ものすごーくお久しぶりです!
7月以来になってしまいました…管理人様や皆様、どなたか覚えてますでしょうか(汗)
ちょっと私情によりしばらく来れなかったのですが…これから今までの過去ログをじっくり読みたいと思います。(記事も掲示板も)
とくに管理人様の記事はじっくり読みたいので…
もう少ししたら頻繁に遊びに来れると思います。
とりあえず、復活のご報告まででした☆
あ、ラストになりましたが、掲示板5枚目おめでとうございます!!これからも楽しみにしてま〜す☆☆
hina
2008/09/14 19:29
さちs>
気にしないでください。面倒くさい時は、呼び捨てでもいいですから。

ナルトは自来也に、あんな事を頼まれていたんですね。自来也は、憎しみの無い、本当の意味で理解しあえる世界を作る(だっけ?)という望みを、ナルトに託したんですね。
託されたナルトは、ネジと我愛羅を憎しみから、解き放ちましたからね(託される前だけど)。
ナルトなら、この自来也の夢を果たせる、そういう気がします。
うちは
2008/09/14 19:51
さちさん。
九尾という生まれ持った不幸を切り抜けてきたナルトのもつ不思議な魅力が、忍、ひいては人間同士が理解しあえるような未来をもたらすということでしょうか。しかし、まだまだナルトはその天賦の才に頼りすぎていて、自身が人を理解することに少し勉強不足かもしれませんね。これからの仙術の修行とともに、自来也のこともそうですが、人間的な成長が描かれると期待しています。

hinaさん。
お久しぶりです。私はいつでもお暇なときに遊びにいらしていただければ嬉しい限りです。また考察をお聞かせください。

うちはさん。
ネジ、我愛羅…ナルトは彼らをある意味光に導くことができました。今度はその対象が闇へと突き進むサスケということになるのでしょうね。少し厳しいことを申しますと、憎しみのない世界など存在しないでしょう。でも、ナルトのようにあきらめず前を向いている人がいればいるほど、絶望から救われるような心持になって誰もが良い方向に頑張れるそんな世界になるのでしょうね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/15 00:15
大蛇丸ってやっぱりいい奴なのかなと思います。マダラ、上層部を倒すためだった?君磨呂を助けた事、ヤマトが木の葉にいること等々。
ジャンプ
2008/09/19 00:51
記事読みました。サスケの心の強弱(表し方としてこの言葉がふさわしいのかわからないけれど)まで考えが回りませんでした。私はサスケの思いに白黒をつけようとして 七班を思い浮かべた事をどう考えていいのか 悩んでいたんです。サスケも揺れているんですね。サスケは木ノ葉がイタチの犠牲になりったているのにイタチ存在が無または悪になっている事が許せないのでしょう。サスケ自身も気づかなかった事が許せない。(だから 視力がなくなってもいいと思っている)なんかサスケの想いが身近に感じてしまう。サスケの憎しみを考えると 自来也が言う「人が本当の意味で理解しあえる時代」とは どんな世界なのか 想像しづらいです。
 
さち
2008/09/20 22:31
ジャンプさん。
大蛇丸は人非道であったことを考えるといい奴であるとは言いがたいですが、結果論的に大蛇丸がとった行動がストーリー上よくなることもありますね。マダラや上層部を倒そうとしていたかは不明ですが。

さちさん。
サスケの心の強弱ですか。サスケは自分の筋を通そうとしているようで、その筋の向きを知らず知らずに変えられているということがありえますね。もし上層部がそのような判断を下さなければイタチが犠牲になることもなかったし、うちは一族がいなくなることもなかった、と考えているならサスケは激しい憤りを見せるのも不自然ではないですが、それを体よくマダラに利用されてしまいそうなのが、少々残念。
さて「人が本当の意味で理解しあえる時代」というものは、利害関係なしの思いやりと助け合いが基本となる、全ての人が最も理想的な無償の愛で成り立つ世界かなと私は考えています。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/21 23:58
者の書によると重吾は18歳だそうです。謎です。
シスイの遺書の道とトビが言う本来の形が一緒のような気がするんですよね〜。
ジャンプ
2008/09/23 15:23
はじめまして愛ともうします
質問なんですけど、43巻でイタチは善人だったってことが分かったわけですけど、25巻の
「高みに近づくため・・」とか「自分の役目を果たしているそれだけだ」とか家に入る時、父親をにらんでいた事とかがいまだに読んでいて引っかかります。あれは演技だったのでしょうか? それにイタチは結局、うちは一族を愛していたのでしょうか? たくさん質問してすみません(><)

2008/09/23 23:14
返信がいつも以上に遅れて申し訳ありません。
ジャンプさん。
重吾の年齢は考えてみる必要がありますね。
大蛇丸にであった年齢が幼すぎるような…
なるほど――
“道”をそのように考えることもできますね。

愛さん。
はじめまして。
イタチはうちはという一族を好きであった部分もあったし、嫌いであった部分もあると思います。結局、イタチは一族よりも里の平和を選びました。父親なども本当に心の底から嫌っていたわけではないと思いますが、考え方には離反していたのでしょう。一族についても同じで、一族を愛していた面もあったからこそ、里の平和に反する考え方をしていた一族を見限るような発言をしたというのもあるかもしれません。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/09/27 23:00
今ペインがやってる事は弥彦が言ってた事ですよね?「自分が考えた結論」とか人から神に成長したとか言ってますがさっぱり分かりません。
ジャンプ
2008/09/30 21:54
AGさん 忙しそうですね。それとも 体調がよくないのでしょうか。NARUTOはまだまだ続きそうですから 無理をしないでください。 
21日の返信を読んで サクラの涙を思い出しました。 忍の世界でも 相手の命、人格を重んじる戦いができればいいなぁと思っています。
 妙木山では、時間の流れが違うのでしょうか。ナルトの修行の早く進んでいるのでちょっとびっくりしています。
さち
2008/10/02 21:34
AGさんの記事であったマダラの力が九尾と一緒にシキフウジンされたということから考えたのですが、
以前、大蛇丸が言っていたシキフウジンを治す「別の方法」とは、暁の尾獣集めと関連しているのではと思います。(調べきれなかったので勘違いだったらすいません)
もしそうだとしたら、カブトは強敵になりそうです。
タカーゼ
2008/10/03 03:31
AGさん ありがとうございます
私もイタチはやさしい人だし、うちは一族も単なる欲望でクーデターを起こしたんじゃないってわかってくれていたと思います お答下さってありがとうございました

2008/10/03 12:33
最近コメントや記事等が遅れ遅れで申し訳ありません。

ジャンプさん。
ペインの言っていることは、どういう背景があるのか、全く理解しづらい独善的なものと見受けられるところもありますね。

さちさん。
ご心配をおかけしてすみません。
忍として、人間としてナルトをどんどん成長させていってほしいと私も思います。つながりを大切にして、守れる人、守らなければならない人を確実に守ることができる人に成長していって、サスケを救い出せるレベルに到達するには妙木山の修行では短いかもしれませんが。
妙木山での時間経過は確かに早く感ぜられますね。

タカーゼさん。
屍鬼封尽は色々と不思議な術です。強力な封印術ですが、おっしゃるように解除術があるかもしれませんね。――大蛇丸が暁に加担していた理由もあやふやですが…

愛さん。
イタチは一族を捨てきっていなかったのは、彼も一族としての誇りをもっていたからだと言えますからね。そしてその誇りに固執することなく、自分の守るべき人を守ろうとしたのでしょう。
また気軽にいらしてくださいね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/05 23:50
管理人さん、お久しぶりです。
今週号面白かったですねー。
キラービーが生きていたとは?(笑い)

それと、今週号であらためて確信した事があります! それは、ペインがしゃべっているのは、長門だと思います。
「探索は、天道」の、コマです。天道(弥彦)が自分で天道とは言わないと・・・。なにか、不自然でした。普通なら、「探索は、オレ」になりそうですが・・・。
つまり、長門が別の場所で輪廻眼を通して指示を出している(しゃべっている)ではないでしょうか?
自来也戦の最初では、畜生道がしゃべっていましたが、時には天道・・・。時には畜生道・・・。
今週号を読んで思った次第です(笑い)

ちょび
2008/10/06 19:05
久しぶりです。
今週は、ペインの謎解明に一歩近づきましたね。そういえば、六道と言えばREBORNを思い出しますね。
骸によると説明を簡潔にすると、
・第一の道「地獄道」は、幻術
・第二の道「餓鬼道」は、相手の技を使える
・第三の道「畜生道」は、獣を召喚
・第四の道「修羅道」は、格闘能力が上がる
・第五の道「人間道」は、どす黒いオーラで修羅道以上に格闘能力が上がる。
・第六の道「天界道」は、マインドコントロールです。
AGさんの記事にもあった通り、「餓鬼道」、「畜生道」、「修羅道」はなんとなくあってますね。
「地獄道」、「天道」は一体・・・?
「人間道」は、どす黒いオーラと関係有りませんが・・・。
そしてこれらは死者が行く道?と言う事で、ペイン六道は、やはり全員死んだ者のようですね。となるとやはり、長門が操っている可能性が高いですね。
うちは
2008/10/06 22:00
ちょびさん。
ビーが生きているのは驚きましたね。単なる端役ではなさそうです。
そしてちょびさんがおっしゃるように、ペインには統括指令役がいて、それが長門だと私も思います。ペインはペイン同士が会話をしているシーンがないので、ほぼ間違いないと思います。

うちはさん。
私はREBORNにはあまり詳しくはないですが、うちはさんの情報によれば確かに似ているといえば似ていますね。天道はお天道様というように太陽とか空を考えていましたが、マインドコントロール…雨隠れの忍の自白封じを考えるとありえるかもしれません。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/07 00:10
私も ビーには ビックリです。八尾とビーって楽しそうですね。武器としてではなく自分流の生き方を目指すビーを応援したい気持ちです。それにしても 八尾の最後の言葉 気になります。なんでそう思ったのでしょうか?

気になった事で もう一つ。 輪廻眼は結界が見えるのですね。(自来也戦の時も結界忍術をみやぶったけれど ギロリはなかった)その結界なんですが イタチの侵入の説明はあったけれど あの後音の四人衆がサスケと接触しに来たときは どうしたんだろう?と疑問を抱えております。
さち
2008/10/07 20:20
管理人さんへ
ペインの正体間違いなさそうですね。やりましたね。(^^)v
シズネが、「おかしい・・・、この忍びは、当の昔に死んでいる。」「この黒い棒状の様な物は、チャクラで形成されている。」みたいな事を言ってくれると期待しております。(笑い)

キラービーが生きていた事によって、5影首脳会議は無さそうですね。水影を見たかったのですが・・・。まあ、現水影は管理人さんと以前お話したようにトビではないと思っています。16年前の九尾事件から、10年前のうちは惨殺事件の間ぐらいに水影だったのではないかと思っています。暁が10年前の発足されたと考えたら妥当かな?と・・・。
もしくは、暁をペインにまかせておき、水影としてかげからじっと・・・。そして、「機は熟した」とばかりに水影を降り、デイダラの死を境に、暁一本に力を入れる為、トビと名乗り新入りとして登場した・・・。
まあ、いずれにせよ現水影はトビではないと、思っています。

さちさんへ
大蛇丸なら術式を知っていると思われますので、大蛇丸が解いたのでは無いでしょうか?
どうでしょう?管理人さん。
ちょび
2008/10/07 22:14
すいません。
上のコメントで、デイダラの死を境に・・・ではなくて、サソリの死を境にでした・・・
ちょび
2008/10/07 22:17
さちさん。
ビーはなかなか面白い人物ですね。
今話、八尾の最後の台詞も気になります。
さて、結界についてですが、音の四人衆の侵入を許したのは不可思議ですね。考えられるのは二つ。ともすると、正面の門から扮装して堂々と侵入したのかもしれません。ここならば、出入りする人は認知対象の外であると考えられますからね。もう一つ。ちょびさんの考えが一番適切ではないかと思われます。

ちょびさん。
おっしゃるように現水影は違う人だと思われます。そして、ザブザが暗殺しようとしていた水影はマダラではないかと考えています。
暁が水影退位の折につくられたとするなら、鬼鮫は暁の裏の裏を知っていることになります。イタチとコンビを組んでいたのも、監視等の何か別の理由が見つかりそうですが…
結界の解除方法ですが、大蛇丸が知っていたというのは的を射ていて納得できます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/08 23:22
ちょびさん AGさん
 大蛇丸を忘れていました。納得です。でも 木ノ葉は 約十年間も解除方法を変えていないんですねぇ。 平和ボケしていると言われるんですね。ちょっとズレますが イタチが木ノ葉にきた時 ペインが言うように解除して入ったんだろうか。だんご屋でお茶している時カカシは気づいていたし、マダラの言う事が本当なら入った事をダンゾウにわからせなくてはいけない訳で、、。ペインはイタチの事を知らされていないんだなぁ。

鬼鮫の事
鬼鮫の指名手配の理由を「大名殺し 国家破壊活動」と紅が言っていましたが 鬼鮫の「動きやすくなる」発言はこの事が絡んでくるのかも。
さち
2008/10/09 22:01
管理人さん、さちさんへ

鬼鮫は当初、ただのイタチの相棒。もしくは、いずれ水月にやられる。と、思っていましたが・・・。
なんか、ありそうですよね。
鬼鮫は、何をたくらんでいるんでしょうかね?
ちょび
2008/10/10 03:41
今日はナルトの誕生日。そして 四代目の命日。誕生日は生んでくれた親に感謝する日という話を読んだ事があります。そう理解すると誕生日と命日が一緒でも気持ちが落ち着きます。

 ちょびさん 鬼鮫って不思議な存在ですよね。鬼鮫は水月を知っていました。里にいた時に知り合ったのなら 水月はサスケと同じ歳ですから うちは事件前後は里にいた事になります。暁としてデイダラの勧誘に行ったのが10年前。イタチ同様 鬼鮫も里にいながら暁に入っていたのかも。

話はかわりますが 暁の封印像が 木彫りに見えて。木遁と関係があるのかも...妄想しております。
さち
2008/10/10 20:49
こんにちわ。今週号読みました。
凄い展開になって来ましたね!!
カカシVS天道(弥彦)ペイン!!
ここで、初めて天道ペインの能力が・・・。
カカシが雷切を再び行う時に、カカシが吹っ飛びます。あれは、なんですかね?バリアみたい・・・。

ペインは、1個体1系統の能力ですから・・・
修羅道ペイン=肉体改造
畜生道ペイン=口寄せ
餓鬼道ペイン=術吸収
地獄道ペイン=ペインを復活させる?
人間道ペイン=魂吸収?
天道ペイン=バリアを作り、攻撃を防ぐ?

どうでしょう?
もう少し考えてみます><


ちょび
2008/10/11 19:30
さちさんへ
鬼鮫の暁入隊時期は、ホント頭を悩ませますね><

暁時系列は、私なりに下記の様に考えると・・・。
トビとゼツが暁発足(16年前以後)→ペイン入隊→大蛇丸入隊(約15年前の木ノ葉抜け忍後〜10年前の左腕切断前)→イタチ入隊(10年前のうちは惨殺事件後)
鬼鮫はいつ頃暁入隊したんでしょうかね?
抜け忍になってから、イタチ入隊前後位ではないでしょうか?

鬼鮫は、3〜5歳ぐらいの水月を思い出したのかも知れませんね。
暁発足は、遅くても10年前でしょうし・・・。
早くて、16年前ではないでしょうか?・・・。

う〜〜〜〜〜ん、難しいです><(笑い)
ちょび
2008/10/11 21:10
さちさん。
10月10日、ナルトの誕生日。
ナルトの世界では、今何月くらいでしょうか?
鬼鮫が暁に入った時期は言われてみると謎ですね。そもそも“暁”という組織がいつに設立されたか――という問題もありますし。ただ、遠い昔のことではなさそうな気がします。

ちょびさん。
バリアなのでしょうか。後ろの壁も壊れていましたね。九尾の衣のナルトがやったようにチャクラだけで吹き飛ばしたとか――
ペインの能力ですが、まだまだ未知数ですね。一系統と言いながら、様々な応用を見せているようですし。口寄せは分かりやすいですが…
鬼鮫が幼い水月を知っているという情報は鍵ですね。暁設立がここ最近10数年であるとすれば、設立当初から鬼鮫が関わっていた可能性もあります。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/12 00:40
管理人さん、こんばんわです。

天道ペイン
チャクラ砲と言えば良かったですね。私的には、バリアに見えたものですから・・・。
さすが、管理人さんです^^

鬼鮫
ほんと、鬼鮫の話はつきませんね。(笑い)
もう、頭が???です。(笑い)
トビが鬼鮫に正体をばらした(水影)シーンですが・・・。
「マダラさん」と、言っています。
それに、トビが写輪眼を持っているのを知っています。
40巻82ページで、イタチに「うちは一族は、あなた一人・・・」と、言っています。
この言葉が本心としたら・・・。(嘘かもしれませんが・・・)
つまり、鬼鮫の中ではトビ=マダラ=水影は、やはり死んだ存在だったので、あの言葉をイタチに言ったのかな?とも、思ったりします。

謎だらけですね(><)
ちょび
2008/10/12 19:24
天道がカカシをふっ飛ばした時に使ったのは、念力(いわゆる超能力)では、無いでしょうか?その際に、天道の顔(輪廻眼)をアップで写していたので、輪廻眼の力でしょうか?それとも、天道の能力でしょうか?
雨を上げる時は大抵天道なので、天道の念力で雨を上げたと思うんですが・・・。
うちは
2008/10/13 11:24
う〜ん鬼鮫ですか〜なんかあやしいですね^^たぶんイタチは、ちょびさんの言う所で鬼鮫に他になにか言ってると思います。
イタチはトビが正体は鬼鮫に話して利用することを読んでいて、ここで鬼鮫になにか託したんじゃないでしょうか?
おれが死んだらサスケ頼む的な^^
ソラ
2008/10/14 00:41
ちょびさん。
天道ペインですが半球状のバリアに触れて、吹き飛ばされるイメージでしょうか。なんとなくおっしゃることが分かる気がします。
ところで鬼鮫についてですが鋭いですね!
イタチに言ったあの言葉、うちは一族はあなた一人に…というくだりですが、鬼鮫はイタチの前でマダラがいないかのように振舞っていると考えられます。「水影様…いやマダラさん」ということなので、マダラを知っているということですからね。なぜそのように振舞う必要があったのか…考えてみると面白そうですね。

うちはさん。
超能力説ですね。天道が扱う術が念力的なものであれば、念力という概念にどうチャクラが絡んでくるのか…というところを考えてみると面白そうです。

ソラさん。
ソラさんは逆に鬼鮫がイタチ側の人間であると考えているということですね。鬼鮫は霧隠れの抜け忍なので、水の国という意識から解放され、同僚の思想に感化されるということも考えられなくはありませんが――
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/14 22:30
お久しぶりです、hinaです(^^*)
管理人様、記事わかりやすいです!いつもありがとうございます☆

久々なので書くことがたまっていますw
イタッチの43巻と最新号を中心に、私の意見をコメントいたします。(長文お許しください;)

★43巻
私にとって宝になりそうなコミックス43巻。
増ページは本当に嬉しかったです。
イタッチ好き読者の立場からは勿論のこと、
何より岸本先生がNARUTOという作品を描く中で
イタッチの生き様に特別に思い入れがあると感じました。
「目先の物事よりずっと先を見据えて平和と弟を愛しぬいて、憎まれながら笑って死んでいった一人の忍」
がこれだけ丁寧に描かれた先に、
忍びの世の「人が本当の意味で理解しあえる時代」と繋がっていくことを願ってやみません。
hina-1
2008/10/15 12:58
★トビ
コミックスでまとめて読み、ますますトビの正体がわからなくなりました。
本気で、トビに『ウソ発見器』をつけたいこの頃です。
少なくとも、あのペラペラ喋っている中で、マダラに関することにはウソが混じっていると考えています。
逆にイタッチに関することは事実という感じで都合良く使い分けてそうです。

★トビ推理@能力
もっとも引っかかっているのが、サスケの目からイタッチの仕込んだ天照を食らったときの
トビです。
あの場面をざっくり回想してみると

・仮面を取ろうとする

・天照を食らう

【暗闇】

・仮面を付け直して、無傷で再登場

この【暗闇】の中でトビはどうなっていたのでしょう。
例えば、天照を食らって直後に『トビ独特の空間移動』を行ったとしても、
暗闇に消える前の刹那のコマで、すでに頭部右上に天照が燃えています。
それなのに、再登場時には髪の毛ひとつ燃やされたような変化がなく、完全な無傷です。
そして、外しかけた仮面をわざわざ付け直しており、以降は外していません。

ここにトビの能力の核心に迫るヒントがあると考えています。
hina-2
2008/10/15 13:01
つづき
今考えているのは
1.目以外の身体パーツは何度でも入れ替え可能。
2.写輪眼以外のトビの身体はチャクラの遠隔操作で形作られているだけ
という2通りの説なのですが、いかかでしょうか?
万華鏡写輪眼だけはコアパーツとして生き続けているという印象を受けます。

トビの身体は、人形のようなものなのでたいした存在意義のない『モノ』なのかと…。

★トビ推理A正体
黒幕たる人物ですが、最近はマダラではなくダンゾウ説が強く思えてきました。

トビが語っている中で、イタッチとダンゾウの駆け引きがやたら強調されているのと、
もしマダラなら木の葉の裏事情やダンゾウにあそこまで詳しいのはちょっと不自然です。
(木の葉中枢はそもそも千手一族寄りのはずなので)
ここで、マダラとダンゾウが繋がっていると仮定すると、不自然な点の多くがつじつま合うように思います。

…と、トビの能力や正体について私なりの推測です。
管理人様やほかの皆様の考察もぜひ伺いたいです♪

ちなみに自分、こんだけ語りましたが、トビ嫌いです。(バッサリ)
hina-3
2008/10/15 13:09
★千手って
それにしても柱間って、どんだけ強かったのでしょう。
終末の谷で、マダラの万華鏡写輪眼と、 尾銃最強レベルの九尾を相手にして、勝ってるわけですよね。

千手一族の能力についての推測は、以前『千手観音』になぞらえて
ちょっと書かせてもらいましたが、九尾を上回る術って相当ですよね。

マダラVS柱間の場面、よーーく観察しました。
柱間は九尾に対抗できるような口寄せも無く、一人で戦ってるように見えますよね。
強いて言うなら、柱間が広げている巻物。
あの巻物を使って応戦しているように見えます。
なんだか第一話でナルトが持ち出した禁術の巻物に大きさ等が似ているように見えますが、
私の考えすぎでしょうか…。

★ペイン
そろそろ正体が明らかになりそうですね。
チャクラ受信機…てことは遠隔操作でしょうか。
六道の中でも天道に弥彦の体を使っているあたり、やはりペイン六道を造った人物にとって弥彦は特別なのだと思います。
(長門or小南…?)

しかしトビにしろ、『遠隔操作』が可能だとすれば現在残っている暁メンバーは実際何人なのかさえもわからないですね(汗
hina-4
2008/10/15 13:13
最後は推理ではなく感想で、一番書きたかったこと書きます。

★サスケの成長
イタッチ死亡後ももちろんNARUTO読んでますが、サスケが精神的に成長できていないのが悲しいです。
お兄ちゃんを追いかけていた小さいころまま、
サスケの精神的な時間が止まってしまっています。
これまでの成り行きを考えれば、ああなっても人として当たり前なので、サスケを責める事はできないです…が、

『復讐は復讐を呼ぶだけ』

という連鎖が引き起こす悲劇が、強調されて描かれています。

そのことを承知していたイタッチの想いまで、サスケはまだ到達できていません。

そこに気づかせてあげられるのは、やはりナルトしかいないのでしょう。

イタッチがナルトに遺した『使う日が来なければいい何か』は、サスケとナルトが再戦したときに発動して、それがサスケを救うきっかけになる…と信じています。

それまでは、本当の意味でサスケとイタッチの兄弟物語は幕を閉じた、と言えないですね。

サスケが闇から救われる、サクラとナルトの約束が果たされるその日を心から待ち望みます。
hina-5
2008/10/15 13:14
★封印像から考える暁の黒幕

>さち様
最近のコメントにありました『封印像=木遁?』説、一概に妄想ではないような気もします。
私はありえると思いました。

(以下、仮説です)
封印像=木造ならば、封印術=木遁である可能性は高い
木遁が使用できる人物はかなり限られます。
ヤマト…と単純に考えることもできますが、
柱間と血縁がかなり近い人物で、実は木遁DNAを受け継いでいる人物が生存していたら…?
また、暁は封印を始めるまでに、約3年間『待ち』状態でした。
この空白が何のために必要な準備期間だったのか、
重要な意味があるのかもしれません。

★鬼鮫っち
話題沸騰中の鬼鮫氏ですが
イタッチとの雨の日の会話、確かに今読むと疑惑ですね。
イタッチの台詞も、最後に『それに…』となって終わってます。
今は亡きイタッチがどこまで知っていたのか、もはや真意は謎ですが
お互いに真意を隠して探りあっているペアだったことは
間違いないようで…(悲)
ちょっと今までの会話を注意深く読み返して見ます。
hina(連日投稿失礼します)
2008/10/16 12:41
ちょびさん
 暁の時系列の事なんですが。
 10年前 暁マントを着ているイタチによっ     て腕を切り落とされる。
     大蛇丸暁を脱退。
  8年前 うちは事件。
だと 思っているのですが いかがでしょうか?

AGさん
 人柱力の記事読みました。
 三尾 霧隠れ 人柱力ではなかった事を考えると マダラが何かしていたかもしれませんね。
 黒い棒が受信機だとすると 六種類の周波があるということでしょうか?

hinaさん
 たまっていたものが大爆発と言う感じですね。hinaも封印像が木彫りにみえました?(なんか うれしいです。)サソリの暁への貢献を 三代目風影の術、木遁術の秘密と考えていたのです。
一部の終わりでデイダラが言っていた「三年」 私は期限のように思っていたのですが 準備期間ととらえる事もできますね。もう少し考えてみます。
さち
2008/10/16 19:24
こんにちは!ナル×ジャンのケルベロスです!久しぶりですね。お元気ですか?

エーッと、七尾の捕獲・封印の件なんですが、描写的には封印像の「目」しかなかったと思うんですが、他に何かありましたっけ?何度も読み返してみるんだけど、決定的な描写を見つけられないで、お知恵を拝借と思って参りました。

七尾の人柱力(勝手に「ナナミ」と名付ける程に)があんまり可愛いんで、何か書きたいな…と思うんですが、七尾の描写が見つからん!!それに暁の尾獣集めのモチベーションがペインとマダラ(トビ)で温度差があると感じませんか?その裏に鬼鮫。七尾は鬼鮫の中にある…と、僕は思ってるんですけどねーッ。人柱力の存在に関してももう一度考えてみる必要もあるかな…なんて考えたりもしています。

後は七尾の周辺の描写があれば…。何か良いアイデアがあれば教えて…下…さ…い…<ボテッ>←息絶えた音。
ケルベロス
2008/10/17 15:19
さちさんへ
時系列の件ですが、すいません。私の勘違いかもしれませんでした><
大蛇丸腕カット=うちは惨殺と、思っていました。
それは、イタチが暁マントを羽織っていたので・・・。
もう一度、管理人さんの年表などを参考に調べてみました。
確かに、当時のイタチ・サスケの年齢から8年前
であってると思います。
ご指摘ありがとうございました。(汗)
ちょび
2008/10/17 18:58
hinaさん。
お久しぶりです。その分だけやはりいろいろと思うところがでてきているようですね。
●<43巻とイタチについて>
やはりイタチがどのように考え、そして弟にどういう想いを受け取って欲しかったか、如実に表れている巻だけにイタチ後援会としては推奨したくなる一冊ですね。
●<トビについて>
まずトビの能力ですが天照の回避に際して、hinaさんがおっしゃるような回避の仕方に加えて、カカシたちの前でやって見せたように、印も結ばず空間移動した方法も考えられます。万華鏡写輪眼が心臓のように核となってマダラ水影を動かしているというのも考えられますね。
さてマダラ=ダンゾウは一概に否定できませんが、やはり私は懐疑的です。そうであるとするといくつかの行動、例をあげるならサスケ関連での行動が不自然となるからです。ただ、こと暁に関してはパイプがあるような気もします。
トビ嫌い分かります(笑)
●<千手について>
九尾戦での巻物はナルトが持ち出した禁術の巻物であるという可能性はありますね。――柱間がマダラ戦で使用した術は現在では禁術となる強力なものばかりであったともいえます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/18 00:01
hinaさん。(続き)
●<ペインについて>
そうですね。最高ランク天道に弥彦を持ってくるということは、それだけペインを操る何者かの思い入れを感じられます。
●<サスケについて>
――『復讐は復讐を呼ぶだけ』
イタチが望んだのは憎しみに取り込まれるのではなく、憎しみを乗り越えてその先にあるものを掴むことだったのではないかなと私も思います。

さちさん。
封印像が木遁である――なるほど…
となると、あの封印像はもともと千手柱間のものであったという可能性も考えられますね。
黒い棒は召喚された動物たちにもついています。ということはあれらもペインということになりますね。その中でも特別な6人は、“六道”ペインということでより感度の高いものが取り付けられているかもしれません。

【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/18 00:15
気になる点を少し
前の畜生道と今の畜生道の口寄せの印が違う事です。しかも今の方は2種類ありますし。
天道がカカシを飛ばした術(多分)と長門が岩隠れの中忍を殺した術は同じなのでは?って事です。
それと36巻181ページの「忍は戦うために存在する」(ペイン、多分トビと鬼鮫も同じ思想)と初代火影たちの思想はどちらも正しいと思いますから、作者がどんな結論を出すのかが楽しみです。
ジャンプ
2008/10/18 00:45
ケルベロスさん。
お久しぶりです。
息絶えたケルベロスさんを転生術や蘇生術で回復といきたいところですが、私に務まるかは不安です…が、とりあえず。
七尾(かどうかは不確かですが、おそらく七尾)の描写は確かに作中では完全にスルーされています。一尾封印時には3つだった目が、三尾封印時には5つになっていますから、この間に誰かもう一人封印されたと考えるのが順当なのですが、いつ、誰がは全く謎のままですね。ただ二尾や三尾がとらえられる前にはすでに捕まっていた可能性が考えられます。二尾と三尾が暁のアジトで同時に存在していたことが、二尾や三尾をとらえにいった飛段/角都、デイダラ/トビ組が近い時期に尾獣狩りしていたことを示していて、二組も尾獣狩りに出かけていたということは、すでに面倒な尾獣封印作業が終了し、再び作業再開的な流れを垣間見ているように思えるからです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/18 00:47
ケルベロスさん。(続き)
それから七尾は額宛を見る限り滝隠れの忍ですが、なぜ出身の同じ角都のノルマにあたらなかったのでしょうか――? 滝隠れを意図的に避けて2つのノルマを達成しようとしていたところを考えてみると、すでにこの時期までには七尾は捕まっていたと考えられる気がします。

ちょびさん。
イタチの暁入りと暗部任務が並行しているとすると、妙な感じを受けるのは私も一緒です。大蛇丸対峙の描写、イタチが立派な大人に見えます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/18 00:48
ジャンプさん。
凄いですね。畜生道の印が二種類あったのには気づきませんでした。印の違いは何を示しているかは分かりませんが、召喚するものによるのかもしれませんね。
なるほど。天道の術が岩隠れの忍を倒したものだとするなら、それは長門を裏付けるものになりそうですね。
初代火影や暁の思想など、究極的に何が正しいかは分かりませんが、ナルトたちが納得できる結論に達してもらいたいところです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/18 00:54
こんばんは!レス、ありがとうございます!

やっぱり七尾の捕獲→封印はスルーされてますよね。それも一つの描写として考えてみます。おかげさまで暫く渋って書けなかったお話が進みそうです。来週か再来週にはドバッと行きますよ。楽しみにしてて下さいね。いろいろとありがとうございました!AGさんも身体には気をつけてね!<ドロンッ!!>
ケルベロス
2008/10/18 17:58
管理人さんへ
ほんと時系列は???ですよね><
悩んでしまいます。どう考えても頭が???ですよね。
(よかった。管理人さんも同じ意見で^^)

話は変わりますが・・・
hinaさんの九尾戦での巻物はナルトが持ち出した禁術の巻物説・・・すごいですね。
そう考えると、いろいろ妄想してしまいます。
あの巻物で柱間が勝てたおかげと、考えると・・・。
九尾を手なずける片方の写輪眼。つまり、マダラの左眼の写輪眼を封印し、マダラ+九尾に勝ったとか???。
ほか・・・いろいろ・・・
考えたらおもしろいですね(笑い)






ちょび
2008/10/18 22:32
時系列(?)の話で もう一つ。
 43巻の196、197ページの事なんですが。196ページの「このオレも戦争の機を伺っていた」の言い方を見るとこの時は水影だったんじゃないかなぁ。なんて思っています。そうすると 鬼鮫がマダラを水影と呼び、水月を知っていた事と辻褄が合うのでは...。
197ページのイタチとマダラが対面している描写。二人とも暁マントを着ていません。マダラとイタチの身長差が10センチはありそうです。この時に暁に入ったのか?イタチの暗部の任務がうちは虐殺だけではなかった?なんか わからなくなってきました。 もう少し考えてから来ます。

ちょびさん 
 私のコメで おかしな事や辻褄が合わない事があったら どんどん 言ってください。
これからも よろしくお願いします。
さち
2008/10/19 19:48
さちさんへ
そ、そんな〜、私のほうこそ、どんどんご指摘をお願いします。m(__)m
さちさんのコメを拝見させて頂く度に、的を得て、いつも凄い!!と、思っています。
私なんかより、はるかにNARUTOの本を隅から隅まで読まれているんだな〜、思います。
これからも、お互い楽しく考察していきましょう!
こちらこそ、宜しくお願いします。

イタチとマダラの件
196ページの「戦争の機・・・」は確かに意味深ですね。イタチがなぜ、マダラの存在を知っていたのか?も、謎ですよね。
・・・・むずかしい><
ちょび
2008/10/19 21:33
ケルベロスさん。
進展があったようで何よりです。
七尾の記事楽しみにしています。
場末ですが何かありましたら、
また気軽に訪れてみてくださいね。

ちょびさん。
>>つまり、マダラの左眼の写輪眼を封印し、マダラ+九尾に勝ったとか???。

ところで、初代火影のネックレスには、尾獣を自在に統べる力があるようですが…これってマダラの写輪眼の力に関係あると考えてみると――面白いかもしれません。

さちさん。
なるほど。「戦争の機をうかがっていた」という発言は、水影としてのものだったら合点がいきますね。鋭いです!
ただイタチとマダラの接触は、いつどこで、というものがとても気にかかります。マダラが水影であったらそう簡単に他里の忍と接触するということはできなさそうですが、そのときの水影を裏で操れ、自由に動ける立場にあったと考えるとするなら……
そして、このことが原因で、再不斬のクーデターとかとつながるのかな、と只今私は考えています。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/20 00:44
皆さんすごいですね!
僕は霧隠れが内戦状態だったのが気になってます。トビが水影なら内戦が起こるのっておかしくないですか??血継限界も殺さないと思いますし。
仮説の一つとしてトビ以上の人物が今水影をやってるって事なのかなと。その人物こそが封印像にマダラの力を封印したのかなと妄想してます。その人物がダンゾウと関わりがあるみたいな…。
あと400話のトビの話でイタチの一族抹殺任務とトビの考えが利害一致のはずなのに何故トビだけが里に手を出さない約束をしたのかが疑問です。里に出すなとダンゾウを脅した事も何故トビが知ってるか?わざわざイタチ本人が言う可能性は低いと思うんですよね。その場にトビ(トビの知り合い)がいたとしてもイタチなら気付くはず。
最後に鬼鮫の好きな食べ物がヒナタの嫌いな食べ物になってるのが気になってます。戦うのかな?
ジャンプ
2008/10/20 12:17
こんにちわ。
今週号読みました。やっぱり気になるのは、ダンゾウですね。
「これで、九尾は閉じ込めておける」
ダンゾウは何を考えているんでしょうかね?。悩みますね、管理人さん・・・。
私は、トビとダンゾウは繋がりは無いように思いますが・・・。
どうでしょう?管理人さん。
ちょび
2008/10/20 18:22
今週号の最後に、いきなりダンゾウが現れますが、おかしいですよね。
何故、綱手を含めいくらかの忍びがいて、ダンゾウに気付かなかったのか。
それを、綱手達がいなくなった隙に、時空間忍術で現れたのかな?とか考えています。
うちは
2008/10/22 21:14
ジャンプさん。
トビは復讐するために戦争の機会をうかがっていました。木ノ葉の里に戦争をしかけようとする情勢があったのなら、反対する者たちもいておかしくはないでしょう。それに血霧とよばれるくらい、里は厳格、苛酷でそれに不満をもつ者も往々にしていたはずです。トビでも上から押さえつけられないくらい荒んだ状況になっていたのではないかと考えられます。

ちょびさん。
ダンゾウの意図は現在の木ノ葉情勢の転覆ではないでしょうか? 自分が台頭し、より強固な里へと変えていくために、現在の火影の失脚も含め、ペイン襲来を利用しようとしているのかもしれません。ダンゾウとトビの関係ですが、トビの口からダンゾウの名前が何度もあがるのは何故でしょうね? それにトビは木ノ葉の中枢についてもいろいろ知っているようですし…。

うちはさん。
ダンゾウの登場は…本当に奇怪ですね。扉が閉まると同時に急に登場したことから、火影の部屋に身を潜めていたかあるいはおっしゃるようにやはり時空間忍術ということでしょうか――
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/22 22:00
ジャンプさん。(追伸)
トビとイタチの利害契約など、おっしゃるように不明な点や分かりにくい点も多々あるんですよね…。本当にトビがマダラや水影なのかさえも……。姿だけということもありえますし。
鬼鮫の好きな食べ物とヒナタの嫌いな食べ物になっているというのは面白いですね。
日向と鬼鮫との対決もあるのでしょうか。

【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/22 22:04
管理人さんへ
管理人さんのコメを読んで納得です。
ダンゾウは、ナルトを帰れなくして、ペイン襲来を利用し、木ノ葉が崩壊状態になり、あわよくば綱手を・・・。ありえますね!!!

やっぱり、トビとダンゾウの関係は???ですね。
ダンゾウは、トビと同じく捻じ曲がった忍びかな?と、感じました。
トビは、サスケの写輪眼が目当ての為、サスケを手なずけた・・と、するなら。
また、ダンゾウも・・・、ナルトの九尾が目当てかな?っと・・・。
ダンゾウは自分が火影になり、ナルトの九尾で戦争・・・?。
ナルトを手なずける・・・?。

そんな事はないかな?。失礼しました。(^^)


ちょび
2008/10/23 00:03
コメントを見て思った事を。 
 水影の裏で水影を操り動ける立場にマダラがいた。そして水影の身体を奪った。鬼鮫は仮面をとったマダラの顔をみて「水影様」と読んだ。鬼鮫は写輪眼の持ち主である事を知らないから イタチに「あなたひとりに」と言った。 という感じの話もありえますね。

話はかわります。
 一尾を封印する時に29巻30ページ「大蛇丸のいない分 もう少し・・・」という鬼鮫の言葉。
 大蛇丸がいた時に封印をした事があるのでしょうか?(あるとしたら 五尾か六尾)
 大蛇丸の代わりにデイダラが入ったのなら この発言おかしくありませんか?
 大蛇丸は空の指輪をもって脱退した。ダイダラに新しい指輪を与えている。封印像のスペースが一つ開いていた?誰かがいたんじゃないかな?
なんて 迷路にはまってしまって 今週号の話までたどりつかない。
さち
2008/10/23 19:56
hinaです☆こんにちは(^^*)

ダンゾウ、めっちゃ悪役っぽかったですね。

うちは様のご指摘、するどいです。
たしかにあの場所にダンゾウがいきなり現れるのはおかしいと思います。
実はこっそり隠れていて、あれだけの面子の忍が誰も気配に気づかなかった…とは考えにくいですし…

相談役の二人とダンゾウは位置づけが違うようですね。
トビの『やたらくわしい木の葉の裏事情』も、ダンゾウの名前が圧倒的に多く、相談役二人は「秘密を知る者」程度の表現にとどまっています。

今回、相談役二人に綱手からいい喝が入ったのは読んでいて爽快でしたが、
あのような綱手の考えは、ダンゾウにとって障害とみなされそうです。
『根』に気をつけるようにと綱手に言い残した自来也が脳裏をよぎり、
綱手の命が心配になりました。

トビ=ダンゾウ ではなくても
少なからず暁とダンゾウに何らかの繋がりがあることはほぼ間違いないと確信してきた今日この頃です。
(ちなみに二人とも嫌いですw)
hina
2008/10/24 19:01
★トビ能力(前回の補足)
管理人様>
前回のトビの能力について、私の記述に不足があったので補足しますm(__)m

イタッチの最後ッ屁の場面を見て、
トビの能力で有力な説『四代目以上の時空間忍術』に疑問を感じたんです。

トビは右側頭部に天照を食らいますが、次に登場したときに完全に無傷です。
もし『時空間移動』で天照の炎から逃げていたとしても、右頭部(少なくとも髪)に焦げ跡が残るのではないでしょうか。

なので、再登場したトビは天照を食らったトビとは別の物体なのでは?と思ったのです。

もはやトビは人間というより、一つの固体として定義づけられない、チャクラで造られた『モノ』『器』なのだと思います。

以上が、イタッチの最後ッ屁を見てふと思った、私の一つ仮説です。

天照の焦げ跡が無い点、どう思われますか??

さらに、最後ッ屁(←何度も言うと悲しくなってきます…)の場面でもう一つ気になったのが、
一度外しかけた仮面を、再登場後は一切外そうとしなくなったことです。
あの暗闇でトビはどうなっていたのか、気になるところです。
hina-2
2008/10/24 19:08
★暁設立
>さち様
コメント読みました。
たしかにおかしな発言ですね。
(私も同じく迷路入りしました)
一尾封印時の、一人分席が余っている場面を見直しました。
当時は『あー抜けた大蛇丸の席かな』と思ってましたが、そういえば指輪の文字がやたら強調されてましたし…。
しかし読み返すと、あぁ…このときは暁もずいぶん人数いるなぁ…としんみりしました。(遠い目)

★暗号
解読が待ちきれません(涙)
私が気になって仕方ない、『葉が邪魔だな』
『本物はいない』だけ言いたいなら、
ひらがなの『は』でいいはずなのに…
あえて『葉』!
これ、わざわざ木の葉を連想させるような表現で本当に気になります(TT)
木の葉を邪魔と思ってるとか、葉の部分を邪魔と思ってる(by根?)とか
いろいろ膨らんでしまいます…

しばし迷路をさまよいます♪
hina-3
2008/10/24 19:11
hinaさんも 迷路をさまよってしまいましたか。(残念!)
 封印に集まる暁、亡霊みたいな姿が気になって 「者の書」で“幻灯身の術”を調べてみました。(AGさんは買われましたか?)暁のメンバーがチャクラを変換させた思念波を放出するペインが受信し増幅させ幻身をうかびあがせる術だそうです。これって あの黒い棒を使うペインの秘密に関係ありそうな......?
さち
2008/10/26 16:37
ちょびさん。
ダンゾウとトビは捻じ曲がって(笑)そうですね。トビの仮面の渦模様やダンゾウの左右色違いの羽織がそのことを示しているようにも思えます。
トビがサスケを手懐けるのなら、ダンゾウがナルトを…ですか。構図的に考えられますよね。

さちさん。
者の書はAMAZON等で購入しようか検討中といったところです。皆さんに追いつくためにも早めに購入したいところですが、なぜか買い渋っているところです(笑)
やはりトビはマダラや水影といった人物を渡り歩いているのでしょうか。トビはトビ自身のパーソナリティがいまいち掴みづらくて、やはりその正体はマダラや水影だといっても、それ以外の何か別物の存在を感じないでもないですね。鬼鮫やイタチまでもが、その“正体”に利用されているようにも思えます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/26 23:00
さちさん。(続き)
「大蛇丸のいない分 もう少し・・・」という発言ですが、まるで大蛇丸がいたときどんなかを経験しているような台詞ですね。考えられるとすれば、さちさんのおっしゃるように、デイダラが大蛇丸の代わりだったとするなら、この台詞は大蛇丸とデイダラを比べてみたとき、この封印術の効率において大蛇丸の方がこういった術を心得ていて、デイダラよりはやりやすいという意味かもしれません。
ペインの受信⇒映像という流れを汲んで、実はもう一人――現在は影がうすいですが――が脳裏に浮かんで離れません。半身ずつ別人が存在するというのもやはり何か関係がありそうで…。

hinaさん。
綱手の考え方は見方によっては、里を任されるものとして少し情が入りすぎたもので、危険だとも言えなくはありませんが、それは綱手のナルトに対する信頼に裏打ちされたものであって、決して見込み薄の一か八かではないところを胸倉を掴んでまでのあの気迫は表現しているようにも思えます。相談役二人には、信じる心の真意は伝わったのでしょうか?
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/26 23:17
hinaさん(続き)
トビの能力ですが、おっしゃるように無傷なのは不可解ですね。あるいは分身体だったのか…
なぜ仮面が取れたのかも不思議ですし。
別物というのもあり得ますが、天照に匹敵する何か水遁系の高度な術を扱えたというのも考えられます。「本物葉椅無」にあえて葉。鋭いですね!!本はばらせば本+一、つまり木とノ。木ノ葉となりますが…。迷路ですね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/26 23:18
今週号読みました。
地獄道は、閻魔様がバックに出ているので、地獄の閻魔様ということですかね。

そして気になる天道ペインの能力ですが、カカシが引き寄せられたことからして、磁石関連だと思うんですがどうですかね?
カカシが吹っ飛ばされたのは、磁石が反発し合う力からとか考えています。
うちは
2008/10/27 20:17
AGさん
 マダラの正体を早く知りたいです。尾獣の封印の時の発言は デイダラより大蛇丸の方がすぐれていた。とも考えられますね。

 今週号で私がひかれたのは 綱手の戦い方、里の守り方です。医療忍者ということもあると思うのですが 女ならではの戦い方のような気がします。
 カツユに綱手のチャクラを送る?そしてカツユが治療する? またまた チャクラの送受が出てきました。ペインの送受信と同じ方法なのでしょうか?

 話はかわって あの不死身のペインが死んだとは思えないのですが。自来也戦の時復活してきましたから。自来也戦で動かなくなったペイン壱号が動かなくなった理由が明らかにならないと 復活しそうで ちょっと不安です。
さち
2008/10/29 21:17
うちはさん。
閻魔ということは嘘はつけないのでしょうか…?
磁石だと考えると、カカシやあらゆるものが磁性を帯びていて、ペインにひきつけられるほど強力な磁場でないといけませんが、ペインがそう操作しているとも考えられますね。

さちさん。
綱手の戦い方は守りながら戦うという一番難しい戦い方ですが、綱手だからこそできると思います。チャクラの送受信というよりは、授受といった方が的確かもしれませんね。常に信号を拾ってるわけではなく、最初に必要量を渡すという感じでしょうか。
修羅道ペインがあのまま戦闘不能ということは考えづらいですが、マントを脱ぐジンクスには適っていますので……どうなんでしょう?
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/10/30 00:13
はじめまして。
いつも楽しく拝読させて頂いてます。

コミックス44巻を買ってみて気付いたんですが、404話「鷹と暁」の冒頭、鬼鮫にトビが素顔を明かすシーンでジャンプ掲載時では「水影様・・・」だった鬼鮫の台詞が「元水影様・・・」に変わってるように思います(思い違いだったらごめんなさい)

結構重要なポイントだと思ったんで書き込ませて頂きました。
未だ断片的にしか描かれていない波の国の忍たちの関係図、すごく気になります。
小瀬みらい
2008/11/01 19:34
こんにちわ。今週号ですが、最後のページ凄いショッキングでした><。
せっかく、天道の能力がわかったのに・・・。
管理人さんの神羅天征の分析はさすがです。(拍手)

カカシですが、どうなるんでしょうね?
あの天道の「釘投げ」ですが、命中はしているかもしれませんが、死は無い様に思います。
・止めを刺すのなら、黒い棒でとどめを刺すと思い ます。
・「念には念だ・・・」のセリフから、影分身かど うかを確かめる為の「釘投げ」と思っています。
まあ、死亡フラグも立ってないし・・・。
来週がどう言う展開になるのか、楽しみですね。

これ以上、重要キャラの死は見たくないです。><
ちょび
2008/11/02 17:25
カカシ大ピンチですね^^
でも僕は「間に合え」の言葉がなんとなく気になります。あれは雷切のことじゃなくて、万華鏡写輪眼じゃないかと思っています!!
そうであってほしいです!!
ソラ
2008/11/02 17:44
おはようございます。
 私も あのシルエットには ショックで...。でもなんで シルエット?
 ペインの「痛みを知れ」の言葉。ペインが使う“痛み”は 心の“痛み”で 肉体的な“痛み”ではないと思っていたんですが..。

修羅道ペイン まだ動けましたね。今回で戦闘不能になったんでしょうか。カカシの雷切を受けた後の状態がないので なんとなく 不安です。

さち
2008/11/03 08:26
返信遅れて申し訳ありません。
小瀬みらいさん。
はじめまして。拙いサイトですが、お読みいただいてる上に感想までいただいて、ありがとうございます。今後も何かあれば、どうぞ気軽にコメントくださいね。
さて、確かにジャンプ版では水影様でしたが、元水影様への変更…やはり、岸本先生もこのトビなる人物が“かつて”水影であったことを強調したいようですね。おそらく鬼鮫が抜け忍になる前はトビが水影だったのでしょう。
波の国…そういえば渦の国というのもありましたね――。この元水影と関係ありそうです。

ちょびさん。
カカシが流石にあの攻撃で斃れることは無いと思いますが…。ただペインが秋道一族のばらまいた手裏剣でなく釘を選んだところが何故なのか引っかかります。ペインもこれでやれるとは思っていないのかもしれません。様子見的ですし。

ソラさん。
間に合え――なるほど、ソラさんのおっしゃるように万華鏡写輪眼のことかもしれませんね。ペインにあの空間転移攻撃は利くのでしょうか?

【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/05 23:50
さちさん。
痛み……ペインの言わんとするこの言葉には様々な含蓄がありそうですね。「痛みを知れ」…ということはペイン自身その『痛みを知っている』わけですが、おっしゃるように心の痛みというのも含まれているのかもしれません。
修羅道ペインは今回の雷切で各パーツに粉砕されましたが、もしまだ動けるしつこさがあるなら大蛇丸並ですね(笑)
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/05 23:55
カカシは 雷切の後 ナルトへと話にかわって 次に カカシは動けなくなって登場。
話が飛んでいるように思うのです。
この間 カカシに なにが起こったんでしょうか? 

44巻 買いました。 今から読みます。
さち
2008/11/07 20:50
さちさん。
雷切の後の話は省略ということでしょうか…
瓦礫に埋もれるカカシ…ピンチですね。
44巻、何か思われることがあったら、
書き込んでみていただければと思います。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/10 01:49
こんにちわ。今週号読みました。
・ダンゾウ
やはり、火影の座を狙っていましたね。
何かダンゾウはサスケに殺されるような・・・。

・ペインの正体
こちらも、やはり死体をペイン化させていたみたいですね。それにしても、かなりの数のストックを持っているようですね。長門がどんな姿でペイン化させているのか?早く見てみたい気がします。
それと、今回の描写で改めて弥彦は死んでいると思いました!。弥彦が死んだ事によって、長門と小南がペインを作り出したんでしょうね。

・カカシ
う〜〜〜ん。誰が助けるんでしょうか?

・今後の展開
私的には、ペインはナルトがいない事に気づき一旦木ノ葉を去る。そして、ナルトが木ノ葉に帰郷して、ペインを追って雨隠れに向かうのかな?と。
そして、ナルトとサスケがすれ違いで・・・。
ナルトが居ない木ノ葉にサスケ登場!!って、展開かな?
ナルトとサスケの対面はないと思いますので・・。
サスケの襲来で、ジャンフェスで言っていたサクラの話へと・・・。

以上、私の妄想でした。
すいません・・・。


ちょび
2008/11/10 18:53
超久々のRMです!
最近気になっているのですが、例の
暗号「本物葉椅無」なんですが、
自来也の暗号の残し方に少々疑問に感じ
そもそも数字13文字書くより、素直に
「ホンモノハイナイ」の方が早いのでは?
と思います。フカサクが捕まれば暗号も
何も無いわけですから・・・

それよりも、もう一つの意味を感じてなりません。
本 「根」の意。根本的という言葉もあります
物 「者」の言い換え
葉 「木ノ葉」の
椅 「椅子」つまり火影の座
無 「無い」そのままです

整理しますと「根の者に火影の椅子は無い」
と取れる気がして、ダンゾウ絡みの伏線が
ある気がしてなりません。
ま、すでにダンゾウには気をつけろ的な
台詞は出てるんですけど・・

こんな私、捻くれてますかね?
 
RM
2008/11/10 22:02
すみませんm**m
「意」が抜けてました〜。
10/26の管理人さんのところから
そのまま拾っちゃいました。
正しくは「本物葉意無椅」でした・・
さて、ここから200パターンほど再構築!
「意」通なら簡単、火の意思ですね、これ。

再整理しますと「根の者は、木の葉の火の
意思が無ければ、火影の椅子は無い」・・
なんだこりゃ?

完全に的外れですね?すみません(泣)
RM
2008/11/10 22:34
雷切...瓦礫に埋もれるカカシ、 ただ単に省略してあっただけでした。失礼しました。

ダンゾウは、なぜ 木ノ葉崩しの後 火影にならなかったのでしょう?自来也に話がいく前に立候補してもよさそうな..。ご意見番の二人が反対していたのだろうか。もし そうなら ダンゾウが火影になるには あの二人もじゃまになるのでは...。 少しズレるのですが ダンゾウが うちは一族を抹殺しなければならなかった理由って...。

RMさん
 そういえば 暗号解読班のシホは どこにいったんでしょう?
さち
2008/11/11 20:30
さちさん
以前に書いたのですが、私、コミック派で
本誌は読んでいません。
でも、こちらで情報は仕入れておいて
コミックで「あの内容はこの事か」と
思い起こして読んでいます。
正直、質問いただいても???な
感じです。すみません。
シホは44巻で初めてみました。
遅れてずれた疑問や質問はこれからは
あまりしないようにします。

私が思うに、うちは抹殺の理由は
自分が手にしたい九尾を、写輪眼で
手なずけられたくないからだと思います。
RM
2008/11/12 00:37
RMさん
 どうも すみませんでした。コミック派とコメしていらしゃいましたね。RMさんの暗号の解読を読んでいたら ふと シホはどうしたのかな。と思ったもので。私のコメで「遅れてずれた疑問や質問はこれからはあまりしないようにします。」とおもわれ、不愉快な思いをなさっていたら謝ります。ごめんなさい。

RMさんのうちは抹殺の理由、納得です。
ありがとうございました。
さち
2008/11/12 20:05
さちさん
ご丁寧にありがとうございます。
全然不愉快になんて思ってませんよ。
やはり文字ではニュアンスが伝わり
辛くて苦労しますよね・・・
さちさんをはじめ、hinaさん、
ちょびさん、その他多数の常連さん
皆、文がうまくてうらやましいですよ。

すみません、もう1つ自分でもすごく
嫌な気になる点があるんですけど、
41巻のP20のミナトとP22の
マダラがすごく似ていると思うのですが・・
同族ぽくないですかね?
最終的に某有名SF映画、和名「惑星戦争」
のような展開になりそうで・・
水影、波風、時空間忍術、未だに素顔を
見せないトビマダラ。前にコメした
ゼツ=オビト説を加えると不安で一杯です。
この予想にイラついたらごめんなさい。
RM
2008/11/12 22:37
ちょびさん。
ペイン化に関して…
もしかすると長門はすでに人の形をとどめていないのかもしれませんね。あのチャクラ受信機一つ一つが長門なのかもしれません。
そして、常にペインの傍らにいる小南。長門以上にペイン化に関して何らかの関わりがありそうな気もします。

RMさん。
いろいろ苦悶の痕が見受けられますが、
-------------------------------------
本 「根」の意。根本的という言葉もあります
物 「者」の言い換え
葉 「木ノ葉」の
椅 「椅子」つまり火影の座
無 「無い」そのまま
-------------------------------------
というのはなかなか的を射ているような気がして納得です。自来也が想いを託したのはもちろんナルト。しかし綱手への想いもある。したがって、共通鍵が二つ存在する二重暗号だった可能性もあります。「意」ですが、木ノ葉の火の意志が無い根の者に火影の椅子はない――わたすべきではない…という感じでしょうか?
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/13 22:14
さちさん。
五代目火影に立候補しなかったのは、相談役が阻止したとも考えられますが、今回ペイン襲来の件でダンゾウからの情報を鵜呑みにしている様子を考えると、そこまでの力はないような気もします。ダンゾウ自身、徹底的に候補を潰して、自分しかいなくなるのをじっと蛇の様に狙って待っていたとも考えられます。
うちは一族の抹殺はやはり今後木ノ葉にうちはの力は災いとなるだけだ、というタカ派的な発想だと考えられます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/13 22:18
こんばんわ。
長門が今どんな姿になっているのか、すごい楽しみですね。人の形をとどめていないか?顔中ピアスだらけ?(小南は口の下だけですが、長門は?)。

RMさん
暗号解読すごいですね。私にはとうてい無理です。

さちさん
五代目に何故ならなかったのか?そうですよね。
管理人さんのおっしゃる通り、いんきょの身なので、やはり自分しか・・・を、待っていそうですね。
ちょび
2008/11/15 20:17
RMさん
 よかった。安心しました。
ミナトとマダラの顔 二人とも美形ですよね。
二人の苗字がちがうので(うちはマダラ、波風ミナト)同族ではないのでは。

AGさん
 ダンゾウの件 そういうことも考えられますね。
 木ノ葉はダンゾウの思うような状態になるでしょうか?
どうなれば この状況はかわるのでしょう。
ペインがナルトのいない事に気づき引き下がるか、ペインの謎を解明して反撃にでるか。
あと一週間 待つのは長いです

ちょびさん
 私も長門をみるのが楽しみです。
 小南存在は不思議です。ピアスが一つで 六道とは違う。あのピアスでチャクラを受信しているんだろうか。小南の人格があるのはピアスが少ないから? もう一度 小南の会話を読み直してみようかな。
さち
2008/11/15 20:36
ちょびさん。
小南の口の下にあるピアスは見逃していました。これはペイン化とは関係のなさそうなピアスですね。ところで弥彦を考えるとなぜ小南だけはペインにならないのでしょうか? 奥が深そうです。

さちさん。
ナルトがいなくても、ペインの捜索が続くかは…ここまで侵攻しているので、何も手がかりが出ないまま引き上げるということだけはほぼないと見ていいと思いますが…。
ペインの謎…そろそろ明らかにされてもいいですね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/18 22:55
こんばんわ。

管理人さん、さちさんへ
実は私の長門ピアスだらけ説は・・・。
管理人さん、者の書買われましたでしょうか?
者の書の348ページに岸本先生が、「名前がペインなので、体中にピアスをあけてやろうと。」「痛みを自分で与えるって感じですね」と、おっしゃってます。
なので、長門にもピアスがあるんじゃないかな?と、思っています。
予想では、顔や体中ピアスだらけの様な感じがしてなりません。
あと、小南ですが、おへそにもピアスがあるんですね。(349ページ)



ちょび
2008/11/19 23:49
続きです。
管理人さん
小南は生きているので、ペイン化は出来ないですが、自分にピアスをあける事によって、ペインになっているのかもしれませんね。(自分に痛みを与える。)
ちょび2
2008/11/19 23:59
ちょびさん。
者の書購入しました。面白いですね。
長門もそうですが、“痛み”はどちらかというと弥彦の思想ですよね。それを長門が汲んだという形であれば、それは弥彦ペインに如実に現れているのではないかと思います。――つまり、長門自身があまり表に出ない分、痛みの“象徴”として登場するペインにあの痛々しいピアスがあるのかな、と。長門にも送信用にピアスがありそうですね。
小南がペイン化するというよりは、死体をペイン化する工程に何か重大な関わりがありそうな気がします。ペインが小南の名前を呼ぶところを考えると、ペインと小南の間で自他の線引きがなされていて、小南はペインとは別であると考えられます。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/24 00:24
やはり口寄せの種類によって印は違ったんですね。そういえば畜生道以外は印を使ってないですね。
いかに輪廻眼でも何かしらリスクはあると思うので、日曜日は活動できないとか太陽が出てる時しか活動できるとか何かありそうです。
約21年前のサクモの極秘任務はマダラ、イタチと関係があるのかないのか楽しみです。カカシがトビの写輪眼を見た伏線?はあるのかなぁ?
ジャンプ
2008/11/24 10:56
過去のコメントをみて気になった点について書かせてもらいます。
時空間忍術についてです。確か時空間忍術については
1、ミナトでも完成できなかった。
2、マダラの空間移動には、あえて「4代目よりすごい」というニュアンスの表現を使っている。

ここからは、憶測になります。
マダラでも時空間忍術(マダラの能力が時空間忍術だという前提で)は完璧でないということです。
つまり、時空間忍術には「空間」と「時間」が関係してくるのではと考えてます。
さらに、ナルトはジャンプには珍しく登場人物が次々に命を落としています。何かしらの形で今後、時空のではないかと思います。
タカーゼ
2008/11/24 21:47
ジャンプさん。
畜生道以外の印は伏せられているのでしょうか???
確かに輪廻眼といえど何かしらの弱点はありそうですね。複数映像の同時処理を行っているのがコンピューターでなく長門であるとするなら、必ずミスがあるはずなのですが…。日曜日使えない――なるほど!
サクモとマダラ何かありそうですね。カカシは今後気力で吹き返すとかありそうです。

タカーゼさん。
時空間忍術のうちタカーゼさんがおっしゃりたいのは、口寄せなどを除く上位忍術だと思われますが、四代目の飛雷神の術を上回る、印なしマークなしの高速移動、瞬間移動をしている点でマダラが凄いということになるわけですが、確かにマダラの術が完璧であるという確証はありませんね。何らかのほころびが存在するはずですが…
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/11/26 23:34
こんばんわ。
わからない事がでてきてしまいました。
以前 話があったかもしれませんが、
暁のメンバーの事で。
36巻で飛段が「トビの次に新入りだからな」と言っています。トビはサソリが死んだ後に入ったはずです。そうなると 我愛羅(一尾)の封印した時9人いた暁は誰?サソリ、デイダラ、ペイン、小南、鬼鮫、イタチ、角都(?)、あと1人は? 
AGさん どう思いますか?

明日、カカシが復活する事を願っています。
さち
2008/11/30 21:00
昨日のコメで一尾を封印した時にいた暁に ゼツが抜けていました。ゼツを入れて8人です(角都もいれて)とにかく 後1人が謎です。
さち
2008/12/01 19:36
さちさん
確かに29巻24、25Pで9人いますね。
サソリ、デイダラ以外はペインの幻灯身の術
ですが、大蛇丸はありえないので、トビだと
思います。封印時は補欠扱いだったのが、
サソリの死後晴れて正式メンバーになったの
では?本来なら発起人なのですが・・・
他の人間なら封印の現場にいたサソリ、
デイダラが「誰だ?貴様」的な発言ないと
読者は混乱しますよねえ?少なくとも
イタチはトビの存在は知っていたはずです。
RM
2008/12/01 20:43
さちさん
連投ですみません。わかりましたよ。
41巻の表紙を見ると分かり易いです。
11人いますよね?大蛇丸、トビを抜くと
9人です。要するに飛段は暁には10番目に
入ったということです。封印時にもすでに
いたはずです。ぺ、小、デ、サ、イ、鬼、
ゼ、角、飛の9人です。

RM
2008/12/01 20:58
RMさん
 私もはじめペイン、小南、デイダラ、サソリ、イタチ、鬼鮫、ゼツ、角都、飛段、の9人だと思ったのですが。
36巻179ページで飛段が「オレは トビの次に新入りだからな」と言っているんです。
一尾封印時には サソリはまだ生きていますから 29巻31ページの指輪の文字が浮き出ている絵の玉はサソリです。このサソリが死んでトビが入って 飛段が入るんだと思うのです。
だから 封印時には飛段はいない。あと1人は誰?
29巻30ページ中段の向かって左は?
27巻64ページ ペインのような髪型が二人いるんですけれど・・・。
さち
2008/12/03 21:06
さちさん。RMさん。
私も27巻64ページにて
「イタチお前の弟か…」
と言ってるのが何者なのか少し考えてみました。ちなみに外見的に右からゼツ、ペイン、「?」、サソリ、デイダラ、イタチ、小南、角都、鬼鮫であるようです。
RMさんのおっしゃる通り、トビはすでに前からいて、一番の新入りである飛段もすでにこのとき存在していたと考えることも可能です。トビを差し置いて、先に飛段が暁メンバーになったわけですが(←おそらくさちさんが矛盾を感じている部分)、何故かと言えば、不死性を買われてバーディとなる角都に気に入られたなどの理由が考えられます。
そう考えてみると一方で「?」は角都がその癇癪で揉め事を起こした相棒の一人ともとれなくはないでしょう。角都のパートナーとして飛段が『三』の指輪を受け継いだ流れとしては不適当でもないでしょう。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/03 23:30
管理人さん
1部完の9人のシルエットは、単に「暁は9人いるんだよ」と言うお膳立てだと思いますよ。
鬼鮫は確実として、デイダラ、サソリは2部開始にすぐ出てるので、すでにデザインは出来ていたと思います。イタチ、ゼツもまだわかります。しかし角都に至っては、者の書によると
角都185cm、鬼鮫195cmなので
角都がでかすぎます。しかし、右から3人目
はホント謎ですね?

さちさん
やはり「トビの次に新人」はトビの前に
飛段が入ったという意味だと思います。
トビの次(の)新人や、トビの次に(入った)
新人なら、さちさんの言う通りだと思いますが・・トビより後入りだと「俺は一番新人だからな」の方が適切と思います。
深く突っ込んですみません。
RM
2008/12/04 22:02
AGさん 
 そういえば角都が換金所で「今まで組んだ奴は死んだ」と言っていたのを思い出しました。角都の前のパートナーかもしれません。

RMさん
 「トビの次に新人」の解釈 RMさんの言うようにもとれますね。そうかもしれません。

1人で考えていると頭が凝り固まってしまって・・・。 どうもありがとうございました。

12月に入り、ジャンプも3回ぐらいかなぁ。
カカシの復活をみて 年を越したいです。
さち
2008/12/05 21:15
返信が遅れてたいへん申し訳ありません。
RMさん。
「トビの次に新人」――なるほど、2番目に新人、つまりトビより先に入ったと解釈する方が妥当ですね。そちらの方が自然な流れです。

さちさん。
カカシ復活するでしょうか…。自来也のように気力で吹き返すような気もしますが。綱手の表情が気がかりです。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/11 22:33
準主役級のカカシが、サスケと再会も果たせずに、死ぬとは思えないのですが。

カカシが昔、サクラに、また昔のように仲良くやれるさ的なコメントもしていたし。

ダンゾウがマダラとかではなければ、根の者共々、サスケに倒されそうですね。

はずれたら、ごめんなさい。

2008/12/11 23:39
暁さん。
はじめまして。
確かにカカシがここで死ぬとは思えないですね。しかし確実に死期は近いような気がします。
予想は外れてなんぼです(笑)
また何か考えがあればいらしてくださいね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/15 00:14
お久しぶりです。hinaです☆
※私は本誌のみで、者の書を買ってません。
的外れなコメントがあればご指摘くださいm(__)m

★カカシ先生〜(汗
本誌ではカカシ先生が死亡したような描写が出てますが、皆さんやっぱり単純にここで死ぬ、ということには違和感を持ってるようですね。
私も同じくです。
主要キャラの死亡はこれまでもありますが、必ず意思を託しています。
そう言った意味で、カカシ先生の死亡の描写はしっくりこない。
むしろ、サクモに連れて行かれるような感じがしたんです。
サクモ…白い牙といえば、チヨばあさまがサクモに恨みをもってましたが、あれって関係ないでしょうか…?伏線のようにも思えるのですが…
hina
2008/12/15 18:56
>管理人様、RM様
暗号の推理にすごく共感したので、一票入れさせてください…!(←拍手中)
『木ノ葉の火の意志が無い根の者に火影の椅子はない――わたすべきではない』
という推理、かなり的を得ていると思いました。
私は『葉』という漢字にずっとひっかかっていたのですが、全ての漢字をつなげると意味になりますね。すごいです!
綱手とナルト、二重メッセージというのもうなずけます。自来也から綱手への最後の言葉は根に気をつけるようにとの忠告でした。
…なんだか綱手の死が近づいている気がして、心配なこのごろです。

ちなみに12月といえば、去年は自来也の死でしたね…。
しばらくカカシ先生と綱手を心配して過ごしそうです…年越しは明るく過ごしたい…(涙)
hina-2
2008/12/15 19:08
★ペイン
ペイン達は、なんだかもう忍術を超越しすぎていて…推理する気力が無くなってきました(T_T)
小南ちゃんは生きているので、また特別な役割を持ってそうです。
暗号解読班、頑張って〜!!

★余談推理〜半蔵〜
※脱線します。
ペインの正体を考えると、半蔵のことがどうしてもひっかかります。
数コマの回想で終わってしまった雨隠れの半蔵ですが、そもそもペインが神と呼ばれる所以となった、『半蔵に関わる人全てを抹殺=裁き』
には
『全てを抹殺=証拠隠滅』の意図を感じます。
半蔵の本当の状況を知りえるのはペインと小南だけなわけで、もし死亡が虚言であれば、違う姿として生まれ変わって暗躍することが可能です。

ペインと小南だけが知っている=暁関連?

何気に暁の裏でバリバリ暗躍してたりして?

とか思ってしまうのです。

ちなみに半蔵のマスクで隠れた顔にちょっと十字傷がっぽいのが見えます。
ダンゾウのアゴみたいな十字傷が。

半蔵…ダンゾウ…
ちょっとゴロがいいですね♪兄弟?いやそんなまさか!(一人で迷走中)
hina-3
2008/12/15 19:32
管理人様、常連様
そんなわけで、久々の書き込みなのに変な推理まで書いてしまい、失礼しました☆
いつも破天荒な登場で申し訳ないです(汗
皆様、よいお年を…!
あと来年もよろしくお願いいたいます☆
来年もAG様の記事を楽しみに拝見します☆
☆hina☆
hina-4
2008/12/15 19:36
みなさま、こんばんは。
今週いよいよジャンフェス2009ですね。
しかもナルト10周年記念ということで
ナルト色濃そうです。
私、実は小学男児2人を持つおとっつぁんです。子供をダシにしつつ自分が行きたいだけなんですけどね・・・。もしかしたら、常連さん方々も居たりするんでしょうね?

hinaさん
拍手ありがとうございます。
かなりねじれた視点から見てましたが、
漢字だけみてると、ふっと浮かんだので・・
あと、カカシの件ですが、死ぬとは思いたくないですけど、あの自来也でも勝てなかった相手ですからね・・最後にしては見せ場が無さ過ぎるような・・実は密かに開眼していたカカシの月読であってほしいです。
RM
2008/12/15 21:52
hina-3さん
 ペイン達が忍術を超越しすぎているという意見には同感です。 しかし幻灯身の術、象転の術などからも単純な受信、送信ではなさそうです。ただこれらは、おそらくは暁のメンバーの証である指輪が関与しているのではないかと推測されます。

管理人様
 暗号に関しては綱手へのメッセージも兼ねたと考えると納得がいきます。ただ、あの状況下を考えるとそこまででできたのか不思議です。
伯天
2008/12/17 02:05
hinaさん。
お久しぶりです。
チヨばあつながりとは…、白い牙に飛び蹴りが入ってくるのでしょうか(笑)
暗号の話ですが、小南は関わりがあるのでしょうかね。
半蔵に関わる人々を抹殺するということは、半蔵に対して相当の恨みがあるとか、そういう線が考えやすいですが、しかし弱小を強国にするためにペインがそこまでするのは“ペイン”という力を誇示するためにやってのけたことだと見ることも出来ます。どちらにせよ半蔵が生きていることによってペインが得る利益はなさそうなので、半蔵の再登場については微妙であるような気がします。ただ、ダンゾウと半蔵…なるほど確かに似てますね。
hinaさんも良いお年を!
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/18 22:53
RMさん。
ジャンプフェスタですか…。また何か今後の展開に関するヒントがあるのでしょうか。ところで、前回のジャンプフェスタ情報において、サクラに関する何かというのがあった気がしますが、延びたのでしょうね。
カカシですが、あの状況…さらなる万華鏡の力の発展へと結びつけてほしいと私も思います。

伯天さん。
暗号は確かにいっぺんに2つを考えている余裕はないような気もしますね。しかし『本物はいない』というメッセージ。ペインのことだけでなく、綱手にも何かのメッセージであってほしいですね。例えば自来也の綱手に対する気持ちから、自分を除いて『本物(の恋人)はいない』など…
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/18 22:53
ペイン(6体)と小南の2人に、これだけ木ノ葉の里を破壊されると、暁全員に乗り込まれたら、ひとたまりもなかったような。
2マンセルが基本だし、九尾の捕獲は一番最後みたいだから、あれなんですけど。

五大国で木ノ葉の里が最強だと思われるので、尾獣など集めて禁術を造らなくても、戦争をなくす為には、一つ一つ里を破壊していけば良かったのでは。
一つの大国が壊滅させられたら、他の国は警戒しますし、攻められた時は、他国に救援を求めるかとは思いますが。

綱手は大蛇丸戦で、額に集めたチャクラのおかげで、戦闘では死なないと言っていましたが、ペイン戦では・・・。

勝手に予想
綱手死亡もしくは、重症か戦闘不能→ダンゾウが木ノ葉を乗っ取る→サスケに倒される。

ナルトとナガト(長門)が対決する時のタイトルは、予言の子VS予言の子!?になりそう。


2008/12/19 00:28
ジャンプフェスで思い出したのですが…
以前岸本先生が、今後の展開について
サスケ→カカシ→サクラ→ナルトの順にメインになる
みたいなコメントしてましたよね(イタッチ編の前頃のJFだったかな?)
サスケ物語=兄弟対決と考えると、次はカカシ先生物語のはずなんです。
やはり、あっけなさから考えてもカカシ先生はまだ生きてると思います。見せ場はこれからなのかなと…。

カカシ物語と考えると、やはりキーワードとして
オビト、万華鏡写輪眼、白い牙
あたりが連想されます。
(ここへきてオビトの名前が浮かぶのは、嫌な予感ですね)

そして前にも書いたとおり、カカシ死?の場面はサクモに連れて行かれるように感じたんです。
ちよばあ飛び蹴り乱入!…是非見てみたいです(笑
hina
2008/12/21 15:38
>管理人様
半蔵ですが、関わる人々を抹殺=存在もみ消し
の線を個人的に消せないので、
ダンゾウ&半蔵の歌でも歌って年越しします♪

ちなみに『半蔵が生きていることによってペインが得る利益はなさそう』→私は逆に考えてました。
『ペインの存在によって半蔵が得る利益がある』と。

半蔵が幼い3人(長門たち)を見いだしてペインシステムを開発した本人だったらどうでしょう。

ペイン装置(←勝手に命名)を
そもそも誰が開発したかを考えた時に気になったのが、
ペイン装置の蓋に、雨隠れのマークが描かれていることです。(自来也戦でペインが起動する場面)

ペイン派の額当ては雨隠れマークに横ヒビ入ってるのが特徴です。
なので、ペイン装置を作った人物は、少なくとも半蔵の雨隠れを信仰している人物だと考えてます。

いずれにせよ、ペインは忍術でも神でもない、兵器です。
ペイン本人は神だと思ってるかもしれませんが、
暁から兵器として利用されてるようにしか見えません。
本当に、戦争の残酷さ、命と平和の大切さを教えてくれる深い漫画ですね…(しみじみ)
hina-2
2008/12/21 16:31
今度こそ!本当に今年ラスト投稿です!w

>伯天様
同感ありがとうございます。
指輪の役割が気になりますね。第一部から意味深に描写されてますし…
なんだかもう暁カオスです。

>RM様
おとっつぁんでしたかー☆
『NARUTO』は確かに深すぎて大人でも真剣に読み入ってしまいますよね(私がもし小学生だったら、絶対ついていけません…;)もしフェスタに行ったらぜひぜひ感想お待ちしてます☆
少し昔のコメントですが、和名『惑星戦争』説、斬新で面白いと思いました。暁もミナトも『謎だらけ』という共通点で結ぶとそんな説もあるかぁ…と興味深々で読みました。

>さち様
私も同じく女性として綱手に感情移入してしまってます。
封印像はやっぱり木造に見えますし><
迷宮入りのまま年越しです;

よいお年を〜!!(^^)/
hina-3
2008/12/21 16:43
暁さん。
う〜む確かに暁全員で乗り込んでいったら、大国を潰してしまうことはできますよね。サソリも一国を潰したといっていますし、デイダラも単独潜入で風影をさらってくるという業を見せてくれましたし。ここまで来るとわざと大国を潰さなかったのかなくらいにしか思えなくなりますね。
予想されている通り、綱手は瀕死の状況に追い込まれていると思われます。隙を狙ってダンゾウが木ノ葉を台頭するがそこをサスケにやられるという構図は私も同じです。なんかダンゾウが小悪党に思えますね。

【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/28 00:38
hinaさん。
オビトがまた出てきたのが何か伏線ではないかという気もしますね。
『ペインの存在によって半蔵が得る利益がある』
なるほど! 半蔵が裏に隠れることで何らかの利益があるわけですね。となるとペインが近しい人たちを葬ったのも、政権の転覆か何かで半蔵の身を危ぶんでのことだと考えられますね。長門が半蔵の隠し子だったとか…色々考えが広がっていきます。
『戦争の残酷さ、命と平和の大切さを教えてくれる深い漫画』――とおっしゃられていますが、私もあらためてそのように思います。底に横たわるテーマは、私たちが考えなければいけないことに通じている――なかなか勉強になります。
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/28 00:39
-----------------------------------------
近頃返信が遅れ気味ですが、誠に申し訳ありません。
それでもメッセージを投稿していただけることに、
本当に感謝しております。
場末の掲示板からですが、皆様のご多幸と、
NARUTOのますますの発展を願って、
来る年も良い年でありますようお祈りします。
-----------------------------------------
【管理人】:AG(銀イオン)
2008/12/28 00:45
すごいですね!!!!!!!!!!!私もいつか年表とか作りたいと想ってたんですがなかなかできなかったんです。本当にありがとうございます!
なるつう
2012/01/14 15:25
なるつう さん。

はじめまして。
年表づくりですが、かなり頓挫しております。(笑)
なるつうさんのお役に立てれば幸いと存じますが、
私の主観も入っておりますのでご注意くださいね。
【管理人】:AG(銀イオン)
2012/01/19 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
NARUTO-其の五 ナルト世界の謎に縺れる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる